玉木宏主演的09年電影又新增一部
這次是跟化學超男子的堂珍嘉邦一起演出喔

新聞轉載自此:玉木宏、初挑戦の潜水艦乗りに武者震い

玉木宏、初挑戦の潜水艦乗りに武者震い
09年公開『真夏のオリオン』 ケミストリー・堂珍は映画初出演

2008/07/11
玉木宏
玉木宏
 第2次世界大戦末期の潜水艦乗組員たちの生きざまと、米駆逐艦との息詰まる攻防を描く超大作『真夏のオリオン』が、このほどクランク・インした。イ-77潜水艦の艦長役で玉木宏が主演、その親友役で人気デュオ「ケミストリー」の堂珍嘉邦が映画初出演を果たす。

 池上司の小説「電撃深度一九・五」が原作で、『ローレライ』『亡国のイージス』の原作者・福井晴敏が、初めて脚色に挑戦。「戦時中に書かれた楽譜が、64年の時を越えて人々の心をつなぐメロディーとなる」というオリジナルのアイデアを基に濃密な人間ドラマを加え再構築した。

 1945年8月、米軍の本土上陸が迫る中、最終防衛ラインとして出撃したイ-77。艦長の倉本(玉木)は、人間魚雷・回天を使わず魚雷だけで何隻もの敵 艦を沈め、米軍からも恐れられていた。だが、歴戦の勇士・スチュワート艦長が駆る駆逐艦パーシバルによって、有沢(堂珍)が艦長を務める僚艦イ-81が撃 沈されてしまう。倉本は悲しみをこらえ、最終決戦へと赴く。その胸には、有沢の妹・志津子がお守りの願いを込めた、ある楽譜がおさめられていた……。

堂珍嘉邦
堂珍嘉邦
 メガホンをとるのは、『地下鉄に乗って』、『山桜』などの篠原哲雄監督。今月1日にクランク・インし、東京・成城の東宝スタジオに設営された潜水艦の巨大セットを中心に進められている。戦闘シーンは、ニューヨークなどで海外ロケを行い、米海軍の協力を得て、実際に使用されていた駆逐艦で撮影される予定だ。

 戦争映画への出演は初となる玉木は、「(広島県の)呉市と江田島市にある海上自衛隊の関連施設で、第2次世界大戦や潜水艦について勉強してきました。勉 強は引き続き行っていますが、厳しい当時の時代を生きた人の感情を伝えられるよう、懸命に取り組んでいきたい」と気を引き締めている。

 堂珍も「音楽とは違う、新たな環境でクリエイティブなものづくりをやれることが最大の幸せです」と意欲。「『歌を歌う』のとは違う表現方法にトライすることで、新たな自分を発見できるのでは、と思っています。まずは楽しんでやります」と抱負を述べた。

撮影で使用される米駆逐艦USSスレーター
撮影で使用される米駆逐艦USSスレーター
 その他の共演は益岡徹吉田栄作吹越満平岡祐太、「ドランクドラゴン」の鈴木拓ら。音楽は『レッドクリフ』、『殺人の追憶』など海外でも活躍する岩代太郎が担当する。

 2009年、東宝配給で公開される予定だ。



【慧子碎碎念】
潛艦是個很腐的地方,試想一群大男人在密閉空間裡面一同生活上個把月
像《沉默的艦隊》這部漫畫就還挺腐的,兩位艦長的情誼真是感人
看樣子玉木跟堂珍也是飾演兩名艦長,不知是否其中的間情也會讓人淚灑甲板呢?
2009年真是一個讓人期待的年份啊~(心)

慧子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()